お名前(必須)例)山田 太郎
メールアドレス(必須)例)mail@example.com
電話番号(必須)例)03-1234-5678
お問い合わせ内容(必須)
 
  • 【誕生日】8月22日
  • 【出身地】東京浅草
  • 【血液型】A型

物心付いた時は浅草ロック座の楽屋でマージャンをするフカミさんの膝の上に抱かれていた。 ビートキヨシさんと浅草名物乞食のキヨシに子守をしてもらいながら、ロック座で幼少時代を過ごす。そんな環境のせいか、役者を志すようになり、16歳の時から東京宝映主催の劇団フジに入団。「24の瞳」が初舞台。男先生の女房役に抜擢。19歳でありながら70歳近い老け役を好演。高い評価を受ける。 劇団を退団後、舞台女優を続けながら、ものまねタレントとして活動を始める。 当時人気の雑誌「べっぴん」等に、モデルとしても活躍。トゥナイト、笑っていいとも等に出演。 ミュージカル「ランナウェイ」で3ページに及ぶ独白の台詞がある難しい役どころ、麻薬中毒患者ニッキーを演じ、これも高い評価を受けるが、自分の中でひとつの区切りとし、この舞台を最後に、全ての芸能活動を停止し執筆活動に入る。 朝日新聞に掲載後、集英社発行女性コミック誌「YOU」に漫画原作2度掲載。その後、作家を志、小川未明文学賞応募、最終選考に残るが入賞せず。翌年、SF児童文学賞に応募、最終候補作品となり高い評価を受けるが、入賞を逃す。 その後、齋藤ルミ子とのユニット「ふれんど」でのユニット活動の他、シングルでの活動は、中森明菜・倖田來未・工藤静香を中心としたものまねを展開中。現役女社長タレント。

パブ3216Mパブリック
  • 埼玉県越谷市南越谷2-2-6 1F
  • TEL.048-972-6611
  • 営業時間  20:00〜25:00
  • 定休日 /不定休

Copyright © 2015 AKINAMEGUMI All Rights Reserved.